FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【2件】
2019年 08月 【3件】
2019年 06月 【2件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

にしむら珈琲芦屋店でセセシオンの焼き菓子・アプフェルシュトゥルーデルをいただきました

にしむら珈琲芦屋店2階でカナディアンセットのランチを食べた後、食後のデザートにセセシオンの焼き菓子をいただきました。
焼き菓子の名前は、アプフェルシュトゥルーデル・・・ 長い名前なので一度聞いたくらいでは覚えられません・・・焼き菓子の写真を見て、これ・お願いしますで、私は注文します。

DSC_030533.jpg

見たところアップルパイに似ているな~と私は思いますが、ちょっと違う。ウィーン伝統のパイ生地を使って焼き上げてありますが、リンゴの量が多くて、ぎゅーっと煮詰めてあるように思うので、焼き菓子はずっしりと食べごたえあります。パイの中には、ナッツも入っています。ふかふかの白い特製クリームがたっぷりと添えられて出てきます。これをたっぷりとパイに添えて、フォークで取ってお口に入れると、何とも言えない幸せな気持ちになります。 セセシオンの焼き菓子は他にもいろいろ置いてありますが、私はこの焼き菓子が一番好きです。


DSC_030633.jpg

にしむら珈琲芦屋店2階の大きなテーブルには、新年を祝う紅白の花あしらいが置かれてあって、華やぎがあります。
外が寒いこんな日は、あたたかな店内が何より嬉しいです。

タグ: 芦屋 グルメ カフェ スィーツ

福福リップ リップクリームが入ったかわいいお守り袋  Bleu Bleuetにて

DSC_032066.jpg

日本伝統のふじやま織りを使ったお守り袋に、リップクリームがはいった福福リップを、ブルーブルーエ ・モンテメール芦屋店で見かけました。即購入。お守り袋だけでも、モダンな柄がかわいくて買ってしまいそうなのに、中には柚子の香りのリップクリームが内蔵されています。素敵な縁起物ですね・今年のお守りにしようかと・・・1080円。

店頭に冊子が置いてあったので、中を見ると、この商品は一心堂本舗さんの商品で東京スカイツリータウン・ソラマチ店が直営店舗のようです。もう、東京では人気のアイテムなのでしょうか・よくぞ芦屋までおいでくださりました~

お守り袋の柄は、ピンク色にゴールドの水玉模様が今の気分だけど、他の柄も欲しいなあ~
柚子の香りのリップクリームが使い終わっても、他のリップクリームをいれてもいいし、他のモノをいれてバッグのなかに忍ばせるのもいい。 お守り袋の触りごごちは、神社でみかける本物の?お守りと同じようにふかふかしています。 女子気分がアガる楽しい商品だわ。

今日は、お散歩がてらモンテメールに行ったのだけど、嬉しいお守り袋見つけました。吉日・

中に入っているリップクリームのサイズは、町中でいろいろ売られているリップクリームと同じサイズです。
DSC_031966.jpg

タグ: 芦屋 ビューティー ライフスタイル お守り スピリチュアルなもの

芦屋神社で、素敵なイノシシの干支置物を見つけました

2019年の干支はイノシシ。十二支の最後の干支です。我が家に、素敵なイノシシさんが来てくれたらいいなと思っていたら、
雰囲気ばっちりなイノシシの置物に芦屋神社で出会いました。

DSC_031433.jpg

まず、この小ささに心惹かれました。イノシシの鼻先からお尻まで、3.5センチというサイズ。
イノシシの体らしい茶色の色付けもいい感じ。そう言えば、こんなイノシシが芦屋川に来ていたなあ~・
この干支置物には説明書が入っていて、「神楽焼というもので、神領地に出土した神土を拝領し、神水で練り固め、一体一体手描きの上、浄火で焼き上げた・・・」 と書かれてあります。 神社のスピリチュアルなエネルギーが圧縮された感じがして、気に入っています。500円。

DSC_031033.jpg

元旦は、お天気もよく風もなかったので、初詣の待ち時間も苦にならなかったです。階段を上がるのに4列に並んで待つ間、去年の元旦は、どんなことを思っていたのかを思い出していました。体の調子はどうだったか、こころの具合はよかったのか・・・
一年前のこと、詳しく覚えていない事柄もあって、毎日を大切に過ごすことのたいへんさを改めて思います。
芦屋神社でおみくじを引くと、大吉でした。



タグ: 芦屋 季節の風物詩

プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索

リンク
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示