FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2020年 07月 【1件】
2020年 06月 【6件】
2020年 05月 【7件】
2020年 04月 【7件】
2020年 03月 【2件】
2019年 11月 【1件】
2019年 09月 【2件】
2019年 08月 【3件】
2019年 06月 【2件】
2019年 05月 【3件】
2019年 04月 【3件】
2019年 03月 【2件】
2019年 02月 【4件】
2019年 01月 【3件】
2018年 12月 【2件】
2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【11件】
2016年 10月 【6件】
2016年 05月 【13件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【7件】
2016年 02月 【15件】
2016年 01月 【17件】
2015年 12月 【13件】
2015年 11月 【10件】
2015年 10月 【9件】
2015年 09月 【5件】
2015年 08月 【4件】
2015年 07月 【4件】
2015年 06月 【4件】
2015年 05月 【7件】
2015年 04月 【10件】
2015年 03月 【10件】
2015年 02月 【8件】
2015年 01月 【11件】
2014年 12月 【8件】
2014年 11月 【5件】
2014年 10月 【3件】
2014年 09月 【4件】
2014年 08月 【3件】
2014年 07月 【6件】
2014年 06月 【12件】
2014年 05月 【4件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【8件】
2014年 02月 【7件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【6件】
2013年 11月 【11件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【11件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【23件】
2013年 06月 【15件】
2013年 05月 【5件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【8件】
2013年 02月 【6件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【13件】
2012年 10月 【11件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【13件】
2012年 07月 【15件】
2012年 06月 【11件】
2012年 05月 【12件】
2012年 04月 【11件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【9件】
2012年 01月 【8件】
2011年 12月 【7件】
2011年 11月 【8件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【11件】
2011年 07月 【9件】
2011年 06月 【12件】
2011年 05月 【10件】
2011年 04月 【6件】
2011年 03月 【14件】
2011年 02月 【7件】
2011年 01月 【2件】
2010年 12月 【12件】
2010年 11月 【11件】
2010年 10月 【9件】
2010年 09月 【9件】
2010年 08月 【14件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【6件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【6件】
2010年 02月 【5件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【10件】
2009年 11月 【7件】
2009年 10月 【11件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【7件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【9件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【15件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【15件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【13件】
2008年 07月 【10件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【7件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【24件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【5件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【19件】

アルバム
コメント どうもありがとう

四つ橋線本町液 直結オリックスビルの展望レストラン

このところ、よく使わせてもらっています。
オリックスビル展望フロアのレストランメニューが
女性にやさしい? メニューなので、お気に入りです。

この日は、メバルの煮つけ、ほうれん草の白和え、
ごはんは、赤米です。ヘルシーメニュー680円。
赤米は大好きなので、「ごはん多め」にしていただきました~ もちろん、多めでも同じお値段ですよ。

DSC_01072.jpg

28階から見る大阪の景色は、
毎日変わってゆきますね。
生駒の方面も見えますよ。

晴れの日、曇りの日、雨が降りそうな雲行きの日と
刻々と変化していく空模様。
景色を眺めてのランチは、なかなか気分のよいものですね。



■四つ橋線本町駅直結のオリックスビル
大阪市西区西本町1丁目4-1

タグ: 大阪 ランチ グルメ

マライカMITI にて

JR大阪駅前のグランフロント北館に、
マライカMITIという、インディアンジュエリーを扱っておられるお店があって、

この日は、手持ちの天然石のメンテナンスに行ったのですが、
偶然にも、伝道師によるインディアンジュエリーの製作実演の場に
出会って、
このような実演は初めて見るので、
とてもワクワクしました。


10603362_389489131202442_8663367825047775169_n.jpg


インディアンジュエリーというカテゴリーだからでしょう、
男性のお客様が多くても驚きましたが、
実演のコーナーでは、
皆様真剣なまなざしで、伝道師の手元にくぎ付け状態。
これは、ものづくりの現場でよくおみかけする光景と似ています。

インディアンジュエリーのシルバー部分の細工は、
細やかなもので、
どうやって加工していくのか覗いてみたくなりますよね。

ひとつづつ叩いて加工していくんだなあ
魂込めて、手作りされているんだなあ~。

その世界観に触れて、しあわせな気持ちになりました。

こちらは、インディアンジュエリーの数々
10685548_389489147869107_6370171348987266877_n.jpg

店内には、他のアーチストのインディアンジュエリーがいろいろあります。
ターコイズの表情も多彩なので、見飽きることがありませんね。

私の大好きなお店のひとつです。


■マライカMITI
大阪市北区大深町3-1 グランフロント北館5F









タグ: ライフスタイル 大阪 効果

ジュエリーがもたらした奇跡

10年ちょっと前にジュエリーを購入したお店の社長様と
先日再会することができました。

社長様とは、
天然石のお話で、いわゆる天然石パワーのことで、
とても共感することがあって、ずいぶんといろいろな天然石のお話をお聞かせいただき、
得ることが多く充実したひとときでした。

人生の分岐点に立たされたときに、
どちらの方向へ行けばよいのか、
相談したいなあ、と思っていましたが、
ご病気で入院されているとか、周囲の方からお聞きして
その機会に恵まれないまま、13年ほど経過して。

そんなとき、
社長のお嬢様と駅前で偶然お会いすることがあり、
ほんとに、ばったり私の目の前にご登場されたので、
びっくりしてしまいましたが、
実はお嬢様とも10年来お会いしていなかったので、
懐かしい気持ちでいっぱいになって、
「ずっとラブコールしていたのですよ」 と、、

早速、お願いして、社長様のご出勤日を教えてもらい、
会いに行きました。

売り場での社長様は、
以前と変わらない落ち着いた物腰で、
エネルギーにあふれた石に囲まれてお仕事されておられました。

現状報告して、
これまでの紆余曲折を話すると、

「石に込めた願い事がまっすぐな気持ちであったのか」と
「曲がった気持ちを石に向けていたのでは、
もしそうならば、
あなたの気持ちに石が反応して、
曲がった方向に導いてしまう」 と、おっしゃって。

わたしには思い当たることがあったので、図星でした。

「石に願い事をするのはいいけど、
あれこれ言うのはいけない。
今日のお礼を言って、一日を終えるくらいのコミュニケーションがよい」

あとは、自分のパワーを信じて過ごすことだと。

壁にぶつかり、どうしたらいいのかわからないときに、
自分のパワーを信じることは、難しい。
誰かにこっちがいいよと教えてもらうほうが、ずっと楽。

でも、これまでの人生を振り返ると、
若くて無知な頃は、
こっちの道を選ぼうという選択は、直観でしていた。
恐れを知らないというか、向こう見ずというか。

それが、年齢を経て経験とやらが自分の中に蓄積されてくると、
よけいな詮索や作戦めいたものが先走り、
本来使っていた直観力を使わなくなってしまっていた。

社長様は、私に、もっと自分の底力を信じよ と
メッセージを送ってくれたのです。
大切な言葉です。


自分の周りに、いろいろ取り巻くあれこれを
一度洗い流して、
気持ちの整理、
物事にストレートにアクセスできるような精神状態になりたいとおもうようになりました。

石に出会った頃の私に戻ろう。

ジュエリーがつなげてくれた偶然、
奇跡だとおもいます。






テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ: 効果 天然石 パワーストーン

プロフィール

ゆみこ

Author:ゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索

リンク
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示