最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 07月 【1件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

ひと月に2度の満月を見れるとき

8月は、ひと月に2度の満月を見れるときです。

規則的な満ち欠けに沿って、月は動いているのに、
不思議な現象があるものです。


ひと月に2度の満月を見れるとき、後のほうの満月を「ブルームーン」と呼ぶそうです。


その理由、言い伝え等、占星術的な詳しいことは、知りませんが、
ちょっと神秘的なイメージがして、その夜が楽しみです。

晴れた夜だと、月が青く見えるのかしら・・・


異例の出来事が数多く起こるのだそう・・・



コトニエさんが移転されて残念です

ラポルテ2階にある婦人服のコトニエさんが、
8月19日にもって、移転されました。
移転先は、神戸そごうです。
なんで、大丸元町じゃないの!

ちょうどのその前日に、ふらりと立ち寄り、
よい感じの半袖Tシャツを購入したのに残念だわー

入りやすいお店の雰囲気なので、ウィンドーを眺めてみたり、
お洋服を手に取ってみたりと、楽しんでいたのに、
なじんできた頃に移転されるとは・・・
  さみし  


タグ: 芦屋

セントラルフィットネスウェルネスクラブ六甲道へ行く

セントラルフィットネススポーツクラブさんは、
阪神間には、芦屋、尼崎、六甲道と、JR沿線に3ケ所あります。

いつもは、芦屋へ行きますが、たまに他店へも「遠征」します。

目的は、「お風呂」です。

プールで泳ぐだけなら、芦屋で十分ですし、
むしろ、コンパクトさが、ちょうどいいのですが、
お風呂にはいって、疲れを取りたいときは、JR六甲道のジムへ行くのです。

ここには、町の銭湯顔負けの大きなお風呂が完備されていて、
ジャグジーやミストサウナが、気持ちいい。

それに、プールの水温が、芦屋のプールより高めに設定されていて、
水中ウォーキングしやすいようになっています。
水深も少し深いので首まで水に浸かると、
全身に水圧を感じられて、ボディのシェイプにたいへんよろしい。

芦屋のジムにこんなお風呂があれば、なおよろしいのだけど、
それはそれでということにして、
時々、JR六甲道へ遠征に行くのです。ルン








プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示