最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 07月 【1件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

RYU・RYU パスタ  阪急六甲駅店

RYU・RYU のパスタは、神戸では有名で、
学生時代のランチを思い出します。

リュリュのパスタは、具たくさんなところが特徴で、
具材に応じて、トマトソース、クリームソース、和風など、お味のバリエーションが豊富なのです。

今日、いただいたのは、エビチリ風辛口カルボナーラで、
エビ×枝豆が具材で、カルボナーラの味なのだけど、七味がピリッ香るパスタでした。

ソースはとろりとしているのに、辛い! のが、美味しかったです。
+500円でオードブルとサラダとドリンクが、+400円でサラダとドリンクがつきます。

2011112712110001 (320x240)



レジ横のカードやシールを見るのが、ひそかに好きです。

■RYU・RYU 阪急六甲駅店   阪急六甲駅下車改札口を出て、左側すぐ
 電話 078-802-3453







婦人服セレクトショップ S.P.VOGLIO  芦屋市松の内町

久しぶりにヴァッジオさんに行きました。

以前買ったコートをリサイクル?したいので、その相談に。

ついでに、秋冬のお洋服も買ってしまいました。
その中でも、今回のヒットは、ロングブーツでして、
履いて2度目で、京都まで行きましたが、痛くなることもなく平気でした。ルン



■S.P.VOGLIO
 芦屋市松の内町3-14チェリービュ芦屋川B-2 電話0797-32-3993  水曜定休日


タグ: 芦屋 セレクトショップ

余白の美

白色は、色味がない色として色彩学では分類されていて、これを無彩色といいます。

色彩学の配色方法のなかで、
白色をメインにした配色は、あまりみかけません。
セパレーション配色の際に少量使うと、
有彩色同士の組み合わせが、落ち着いた配色に変化しますが、
あくまで、脇役なので、主役にはなかなかなれない存在なのです。

しかし、視覚の中に入ってくる色の情報で、
白色が大切な存在であることを、私は水墨画を見たときに感じました。

筆で書いた墨色の世界では、
背景である紙の色=白色との対比が、作品の命です。
面積比のバランスと、筆使いの力加減で、作者の想いが伝わってきます。

墨色が多くても少なくても、配色バランスはどちらにも崩れますが、
ちょうど良い程度に白色が入ってくれているので、
その水墨画は素敵にみえると思うのです。

水墨画に限らず、
一般的な絵画やジャンルは違いますがポスターなど、
一枚の平面に落とし込んだデザインの、背景色の面積と図柄とのそれを見たときに、

「このスペースは少し間があいて寂しい感じがする。
 何かあれば、たとえば花や鳥などのモチーフが描かれていてもよいのでは?」素人は思いますが、

これをあえて、埋めない度胸で、いわゆるセンスがあるとか、技量が優れているとか、
経験が豊富だとかいうのでしょうが、

白が余って美しいとは、よく言ったもので、
余るくらいがちょうどいい、何事もいっぱいに詰め込むのはいかがなものでしょう~ と、
この言葉は、教えてくれているように思うのです。



プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示