FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

芦屋音楽祭り 11月5日・6日

第1回芦屋音楽祭が開催されます。

場所は、JR芦屋駅北側ペデストリアンデッキとホテル竹園芦屋東側にて。

月日は、11月5日(土)6日(日)

芦屋駅前で音楽のイベントが開催されるなんて、初めてだと思います。

2日間のタイムテーブルがパンフレットになって、駅に設置されていますが、
その内容はこちらのHPでも見ることができます。

→http://www.ashiya-ongakusai.com/index.html



ミネラルウォーターは透明な色

ミネラル・ウォーターの色は何色だろう?

それは無色透明。

ペットボトルに入ったミネラル・ウォーターに、なじんでいるので、
ペットボトルという容器の色を、水の色と記憶していますが、
水は、無色透明です。

海の色も、掌ですくうと、透明な色であることがわかります。

でも、
水を表現する色は、読んで字のごとし「水色(みずいろ)」で、
色相は青、明度が高く彩度は低い色をさしています。

より美味しい水だということを、離れた場所にいる第三者に知らせるために、
色で置き換えてみたら、それが、水色だったということなのでしょう。

ペットボトルの色を観察すると、
水色と言えそうな色調の範囲がややあって、この色が水色だと1つに限定できないところが、
色彩感覚のあいまいなところ。
再現する条件で色は違って見えるし、
受け止め方の違いでも、微妙に揺れ動きます。

色を感じるこころは、自由なのです。

私は、よくエビアン水を飲みますが、ペットボトルの色は透明です。

エビアン水は、今のように、
水を買って飲む時代の初期の頃から、販売されているように私は記憶しています。
その後、国産のミネラルウォーターが売られるようになり、外国のものも増えました。
そんな時代の流れのなかでも、エビアンは透明なボトルのままでいます。

エビアンの透明な水を飲んでも、他社の水色の容器に入った水を飲んでも、
さして、感じる味覚は変わりませんが、
例えば、深い緑色だったらどうでしょう、赤い色をした液体ならどうでしょう。

深い緑色は、青汁みたいで、液体そのものが濃度が濃いように錯覚をしそうです。
赤い色だったら、イチゴ味かも、ブドウジュースに何か混じっているかもと
ビタミンいっぱいの果物ジュースと思うでしょう。
実際、甘夏とブドウのジュースは、赤い色をしていましたし。

これらは、自分が経験した過去の事実からの連想ですが、
色彩と味覚とがリンクして記憶に残っているのです。


また、世界各国からのニュースを見ていると、
必ずしも水が、透明であるのではないことを知ります。

今日の日本の衛生状態は良いようで、無色透明な水を飲んだり使ったりできますが、
これも国が豊かな証しなのかなと、思います。




母に携帯電話を持たせてみたら

母に携帯電話を持たせてみたら、
意外なことに興味を示して、少し驚いています。

まず、
ひらがなを複数の漢字に変換できることに驚き&喜びを覚え、「漢字」そのものに興味を示しました。

漢字検定のサブテキスト本を買ってきて欲しいと頼まれて、小学生用のものを購入。
食い入るように漢字にフリガナをふっておられました。
小学生用漢字でも難しく、読めないものもあり、ますます「漢字」にファイトが起こったようで、
「他にも同じような本があれば、欲しい。」と、2冊目投入。
この本も、がしがし読まれています。

漢字に興味がわいたので、自然と、読書する時間も増え、
私は綺麗な花柄のブックカバーをプレゼントしました。

携帯電話の中に入っている絵文字にも喜びを覚えているようで、
笑ったり怒ったり、ハートマークやお花のマークがあったりと、
自分の感情を、絵文字に置き換えることにも、喜んでいる様子です。

もちろん、絵文字が動くことにも。

ランチすると、食べた食事を写真で撮りたいという、
綺麗な花を飾って写真に撮りたいという、
アドレス帳に登録したい友人知人が、これだけあってと
あらためて手帳を見直したようです。

まだ、使い方がわからないことがあるので、
そのたびに質問してきますが、
それをちゃんとメモっておいて、毎晩自分だけで練習?してみるそうです。

皆が言う「写真を送る」とか
電車のなかでは「マナーモードにする」いうことが、今までは理解できなかったそうですが、
「これでやっとわかった」と言っています。

駅前のドコモショップへ初めて入って、
携帯電話がたくさん展示してあり、いろいろな色があるので、感心していました。

携帯電話を使って外部とコミュニケーションできることを知り、気持ちが明るくなったように思います。
この道具を使って、より積極的に社会と関わっていくことができればよいなと、思います。




プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示