FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

「シルク・ドユ・ソレイユ」チャンネル銀河で見て。感動

私の記憶が正しければ、ダイハツさんがスポンサーになられて、
「シルク・ドユ・ソレイユ」の公演があったはず。

チケットが高額だったのと、あわわ・・・という間に終わってしまったので、
見る機会を逃してしまい残念に思っていました。

そのシルクが、J-COMチャンネル銀河で、28日から4日間連続で放送されました。
すべて録画して観賞。

アクロバット的パフォーマンス、道化師とミュージカルが融合した演出で、今までに見たことのない世界観に触れることができました。すごい! 感動です!

舞台演出や衣装はミュージカル的、
印象に残るヴォーカルやバンド演奏が常に聞こえてきます。
演技する方はもちろんアクロバット。
しかし、技こそピカイチのアクロバットそのものですが、
技に入る準備のポーズや決めのポーズは、まるでミュージカルの立ち姿のよう。
あごを引いて上目づかいに呼吸を抑えてじっとするのも「決めポーズ」
「ジャーン」って感じで両腕を広げてポーズはなしなのです。
でもそれが、その場の雰囲気にぴたりとはまっているのだから、不思議です。

身体能力の高さや肉体美にほれぼれしながらも、ドラマティックな演目がこころに残ります。
夢の中のようなコスチュームや音楽と、摩訶不思議な舞台演出に引き込まれていく。

アクロバットでもないミュージカルでもない、まったく新しいエンターテイメントに思えました。
実物で見たらすごいだろーなー。

2011年日本公演があるみたいです。







芦屋にも雪が降っています

朝から気温が上がらず曇り空だったので、雪がちらちらと降りました。
芦屋川から北を見ると山が見えますが、雪が舞っているからでしょうか、山肌が白く見えます。

暮れも押し迫ってくると、昨日ぐらいからお休みに入られたお店もあり、町も人通りが減りさびしげです。
商店街にあるお地蔵様も扉を閉めておられて、すでにお正月休み状態。

今日午後5時まで営業されているカフェ・エスタシオンさんは、明日元旦も朝9時から営業されています。
お休みなしの方々なのです。
改札口のそばなので、初詣に行かれる方が待ち合わせに使われるのかしら。
今日はよほど寒いのか、エスタシオンさんの暖房がゆるく感じました。

たまたま私はお正月休みというものをカレンダー通りにいただいている身だけど、
あたりを静かに見渡すと、お正月も普通に働いている人がいることに気がつきます。

お休み気分が盛り下がらないように、笑顔で気をつかってくださったり、
気分よく手洗いができるようにお掃除していただいたり、
人が活動する限り、こんな小さな町だけど24時間動いているのだなと思います。

ジャック・デコさんでお花を買おうと入ると、品薄状態で。
聞くところによると26日がお花が店頭に揃っているピークらしい。
紅白の色合わせになるように、少しだけ買って、雪が舞うなか自宅まで徒歩。

明日も寒くなりそう

母と初詣に芦屋神社に行く予定。






おせち料理も時代とともに変わっていく

ホテルさんや有名な和食のお店がおせち料理を出されていて、早めに予約してお正月のおせちにと買われる方もおられると思います。人数の多いおせちだとかなりなお値段です。

最近は少量のおせちのパックが売られていて、田作り、結びこんにゃく、紅白なますなど
ひと揃えあります。欲しいメニューだけパックを買って、盛り付けてもそれなりに立派なおせち料理が創作できるように思います。

一度有馬温泉で新年を迎えたことがあり、
シンプルな朝食ながらも心づくしのおせち料理をいただいたことがあります。
おせちは女の仕事だと思っていたので、そんな大切なコトをさぼっているみたいな気持ちになって、
こそばゆい感じがしたことをよく覚えています。

しかし、静かな部屋で美しい景色を眺めて祝うという行為は、
新年を迎えることにだけ意識を向けていればよいので、新しい年がきたことを自宅で迎えるより実感しました。

おせちのメニューもその時代の流れにあわせて「創作おせち」「洋食屋さんのおせち」など、味付け盛り付け雰囲気づくりを変えていったほうがようにも思います。
残念なことにおせちは、味が同じような感じなので、食べ飽きてきますから。

芦屋地元のおしゃれなお店でも、元旦からおせちを食べさせてくれるお店が早く登場しないかなと思います。
買ってきて自宅でいただく時代から、出かけていっていただく時代へと変わるのではないかなと思います。











プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示