FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

昨夜、ネコと対話する


昨日は仕事帰りに鍼灸院へ行き、芦屋に戻ってきたのは午後8時近かった。
ナチュラルローソンの角を西へ曲がって住宅街を歩いていると、
曲がり角でのらネコと遭遇。
向こうから寄ってきてくれるので「なあに?」と傘をさしたままかがむと、
また近寄ってくる。

「人なっつこいネコね。なんにも食べ物もっていないのよ。ごめんなさいね。またね」
と言い、去ろうとしても、ビクリともしないで、人間が平気な様子。

ひょっとして誰か人を待っているのかしら? お迎えしてきているのかな?ナンテ、笑いながら
「雨が降っているから屋根のある場所で待っていたら?」 と教えてあげても
依然として知らん顔で後ろ脚で首をかきはじめた。

白色の体に背中に黒っぽい茶色のブチがある中肉中背の?ネコでした。

動物に出会うといつも思うのだけど、
雨に濡れても平気なのでしょうか?
濡れたからだが気持ち悪くないのでしょうか?




緑と青にまつわるお話

カラーコーディネーター養成講座を受講しているとき、
色彩学、色彩心理学、商品開発、パーソナルカラーの4本柱が年間の授業の中身で、
それぞれその道のプロが講義をしてくださいます。
個性的な先生ばかりで刺激的な1年間でした。

その中で色彩心理学の授業のカリキュラムに、塗り絵の時間がありました。


義務教育の期間でしか、水彩絵の具なんて触ったことがないのに、
カラーコーディネーター養成講座受講お申込をする際に、
テキストブック、カラーチャート、そして水彩絵の具 このセットを購入。

「何がはじまるんだろー?」 水彩絵の具の使い道がよくわかりませんでしたが、
「色彩心理の時間で使うのでー」と説明をいただき、「ふーん」

水彩絵の具を使った授業(体験)がはじまります。

何も書いていない静物の輪郭さえも描かれていない真っ白な紙(A3サイズ)をはじめて目の前にしたときタジタジしました。
落ち着かないというか、目の持っていき場所がないというか。

「なんでもいいので自分の気持ちを色を使って表現してください。」
 アートセラピーを主宰されている先生に導かれ描き始めます。

「きれいに描けるのだろうか?」と咄嗟に思います。
「上手に描かないといけない。」と思い込んでしまうのです。

「どの色をどうゆうふうにして塗ればいいのだろうー?」 手を止めて悩みます。


最初私は水色(明るい青色)を使って丸を描いたりチェック柄にしたり雲を描いたりしていました。だんだん慣れてきたころ、こちらを向いている人の姿をテキスト代わりにいただき洋服の色を塗りました。こちらを向いている人は私なのか?他の誰かなのか? そのときも水色。
青色と白色ばかり絵の具が減っていきます。

同じ教室の生徒さんと「どうしてこの色を塗ったのか?」をそれぞれお話をします。
過去の反省や将来への期待、今日の心境などそれぞれの気持ちが色と共に伝わってきます。

私が何を話ししたのかはっきりと思い出せないのですが、
「今はひたすら水色が気持ちよく感じます。」みたいなことを言ったように思います。


単色で塗り絵をしている他の生徒さんもおられたように思いますが「もう1色組み合わせてみましょう。」といわれたとき、組み合わせた色が緑色でした。

水色と同じくらいトーンの明るい緑色。この2色を配色して眺めていると気持ちがすーっと流れていくような感じになりました。
色を見て気持ちよい、慰められる、心が穏やかになる そんな心境です。


配色方法で言えば「類似色相配色」
色相環のなかで近い場所にあるいわゆる似たもの同士の2色です。

水色にピンクをあわせるとヨーロッパっぽい、オレンジをあわせると軽快な感じがするし
水色に白も清々しい。カラーチャートを使った色の組み合わせは縦横無尽に広がるけれど、

【緑と青】  この2色の組み合わせが今も好きです。私らしい表情を持っているなと思います。




☆この写真は下記のHPからいただきました。
【プロカメラマン撮影のフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト】
 http://pro.foto.ne.jp






暑中お見舞い申し上げます



毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか。
暑さに負けないように夏を乗り切りたいですね。
お体を大切にご自愛くださいませ。


☆この写真は下記のHPからいただきました。
【プロカメラマン撮影のフリー写真素材・無料画像素材のプロ・フォト】
 http://pro.foto.ne.jp/




プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示