最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 07月 【1件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

乾燥肌の方へ この石鹸をおすすめします


ボディの石鹸って、どんなものをお使いでしょうか? お顔のお手入れってお金かけて時間かけてがんばるけれど、ボディは二の次になってしまいがちです。 でも隠れたところほど手をかけるのがお嬢のたしなみというもの☆ 私はアイボリーの固形石鹸で体を洗っています。

この石鹸を使い始めたきっかけは「花粉症」でした。
私の花粉症歴は今から8年ほど前、夜になると体がかゆくなって眠れなくなりました。
眠れないことに神経質になるとよけいにかゆくなって、全身まっかになってしまいました。
皮膚科へ行って飲み薬と塗り薬をいただいてその場は乗り越えたのですが、これの原因が結局は花粉症だったのです。
花粉症だとわからないときは、「メンタルな部分でかゆみがおこっている」とまで言われてしまい、余計に落ち込んでしまいました。
花粉症が原因だとわかったのは皮膚科へ通うようになってしばらくたってからで、耳鼻咽喉科での診察で判明したのです。
それまでは原因不明なかゆみに悩まされて、皮膚科の先生に石鹸で体を洗うのをしばらく止めるように言われました。 市販の石鹸やボディソープが刺激があるので、何もつけないで手のひらで洗いなさいといわれました。 「いくら汗をかいたって女性の体にはそんなにたくさんの垢があるわけないでしょ。洗いすぎです。」「毎日石鹸で洗うなんてだめです。お湯だけの日も作ってください。」  そんなことを指導されて自分が使っている石鹸類を見直すようになりました。
もちろん、花粉症のお薬のお世話になりながら。

オリーブ石鹸も使いましたが私にはまだ刺激が強く、お肌がかさかさします。
タオルもシルクや綿×シルク、海面スポンジなどいろいろと変えました。
何かの雑誌でアイボリーのことが載っていたので購入。
近所のイカリスーパーにおいてあるのでお買い物のついでに試し買いしたのがきっかけです。

4個セットで750円ほど。
この浴用石鹸はアメリカ式のバススタイルで役に立つようにうっかりバスタブに石鹸を落としてもお湯に浮いてくるのです。 アメリカの皮膚科医が推薦しているもので誕生して120年以上の歴史をもつ石鹸。そんなに長いあいだ使用されているならお肌にいいかもって思いました。
天然成分でつくられているので純度99.4%、防腐剤なしなので長期間お風呂場においておくとカビが生えてきますのでご用心。(ホント)
でもそれほど新鮮な石鹸なのです。
アイボリーを使用しはじめて、ボディのかさかさがなくなりました。お風呂あがりはボディクリームもつけていますがその量が減ってきました。 自分で潤う肌質に変わってきたのです。 自力で新陳代謝をしている肌は外からの刺激にも強くなったみたいで、もうあのかゆみはおこりません。 だから私はずっとアイボリーで洗っています。 きめ細かい泡がふわふわで気持ちよく、香りもすっきりとして大好きです。 

実はソニープラザにも置いてあって先日はサマーセールをしていたので、
4個400円ほどで2セット購入しました。これでしばらくはもちます◎

ボディの乾燥や肌荒れで悩まれている方は、ぜひアイボリー石鹸を使ってみてください。
 

昨夜は土用の丑の日


7月30日は土用の丑の日、うなぎを食べて夏ばてしないようにしましょう~って日です。 
みなさんもおいしいうなぎを食べられましたか?

どれどれ、どんなうなぎがあるのか駅前を探してみました。 
大丸芦屋店デパ地下には、1匹もののうなぎが出てまして1匹1300円~1500円、もちろんおうちに帰ってチンするだけでOKなように味付けたれつきですが、
「これ1匹を一度に食べ切れるんだろうか・・・」としばし考えて、
残ったうなぎは冷凍にすることも頭の中をかすめはしましたが、エイッとその日のうちに全部食べたいな~なんて思いながら他のコーナーへ移動。

同じデパ地下にあるおこわを販売されているお店で「おこわうなぎ弁当」を発見! 
1100円程度だったかな。 うなぎ&おこわの組み合わせがピンとこないのでこれも却下。

その後ろのコーナーではチボリさんがお寿司を1本パックで販売されているのですが、
これはご飯の量が多いので断念。かといって二分の一本のお寿司もあるのですが600円ほどしているので、これになるとやや高めに感じてしまう・・・(いったいどうなんでしょう? 私はわがまま・・・?) 

結局自分のおなかのすき具合とぴったりくるうなぎがなくて大丸芦屋デパ地下で買うのはあきらめて、近くのイカリスーパーさんへ行きました。

一人前950円(1050円のが割り引き)のうなぎ弁当があって、これに決め。 
このお弁当に出合って思い出したのですが、冷蔵庫のなかに冷奴やかまぼこ、じゃこなどがあるので、それも一緒に食べれたらいいな~っていたのです。 

ちょうど7月30日は夜風が気持ちいい満月の夜、ベランダへ出てお弁当を食べたのでした。 

こだま (翠ケ丘町)


岩園町のイカリスーパー駐車場の近くにある喫茶店。 どうゆう道案内をすればこだまさんを教えてあげれるのでしょうか、静かな住宅街にある喫茶店です。 中でパンも焼いて販売されています。 なので、サンドイッチはもちもちしたパンなのです。 窓から外を眺めていると道行く人の風景が見れる、落ち着いた雰囲気のお店です。
 
■こだま 芦屋市翠ヶ丘町 月曜火曜定休 コーヒー400円
プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示