FC2ブログ
最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 11月 【1件】
2018年 10月 【2件】
2018年 09月 【3件】
2018年 08月 【2件】
2018年 07月 【2件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【15件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【8件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

芦屋蔵造 あわせ味噌


JR芦屋駅前のコープさんの地下一階食料品売場で、芦屋蔵造のお味噌を見つけました。全部で4種類あったのですが、この日購入したのは甘口白みそです。麹のつぶがいっぱいはいっているので、こうばしいのかなと思い買いました。 ちょっと甘かったけれどおだしをとってお味噌をとくと、ちょうどいいあんばい♪ おなかが喜ぶお味噌汁の出来上がりです。・・・次回は赤いお味噌も買って自分であわせ味噌をつくろうと思います。うちは1人分+アルファのお味噌汁を作るので、300グラム入りのお味噌は、賞味期限までに食べきれるちょうど良い大きさ。いろんな地域のお味噌を順番に買って食べくらべするのも楽しいです。

六甲味噌製造所 芦屋市楠町11番16号 電話0797-32-6111  あわせ味噌300グラム ¥367 

フロア大改革


先日、夕食の待ち合わせをしているとき予想外に待ち時間ができたので、大阪駅前の百貨店に入り(一応)市場調査をしていました。どの売場も春夏仕様の商品がずらりと並びにぎやかですが、平日はやはり人が少ないのが現状です。百貨店の売場は、1階~4階あたりまで女性向けの商品が置かれています。フロア毎のターゲット層がパキッとわかれているのが便利と言えば便利ですが、これはお買い物をするのが「女性」がメインだったころの名残りだと私は思います。平日の昼間、私は時間待ちをするときやお手洗いを借りたいときに、申し訳ないのですが近くの百貨店に入ります。ここは空調が効いていて携帯の電波も届くとても良い空間♪~便利に使わせてもらっています。さて、平日昼間男性仕様のフロアに人は入っているでしょうか? 答え→ちらほら入っています。 どんな人でしょうか? 答え→仕事途中のスーツ姿の男性です。仕事の合間に、会社に内緒でお買い物をしたり自営されている経営者さんが、平日のあいた時間にふらっと近くのお店に入り、足りない物や欲しい物を買っていくというシチュエーションは考えられます。カフェに入ってコーヒーばかり飲むんだったら、流行の商品でも見ていたほうが仕事に活かせるというもの。男性だって平日に百貨店に入ってきてもまったくおかしくない、そんな時代になったのではないでしょうか。以外と男性客は商品の品定めに懸命になっています。こだわりがあるのでしょうね、販売員さんのご説明に対して、わからないことを質問しているロマンスグレーの男性に会ったこともあります。 このあたりで、フロア毎の配置を思い切って変えてみるといいのではと思います。 男性仕様のフロアを1階か2階の入りやすい場所にもうけて、ふらりと立ち寄りやすい空間にするのです。百貨店の正面玄関を通らないで入ることができるセレクトショップ風の店構えだとなおベター。百貨店正面玄関を入ったあたりの売場は男性にはかなりプレッシャーになると思いますので。「おんなの園で、怖くて近寄れない。」という気持ちを持たせないことが肝心。 腕時計や目覚まし時計、流行のCD、雑誌、ビジネスバッグや手帳、スーツに合う革靴やウォーキング用の靴など男性お一人様でも買うことができるような商品を置くのです。 時間つぶしに入ってきた男性は、今日の姿を鏡で見ながら「これで今日の商談はうまくいくのだろうか?」と心配になり、次回の来店時には奮発して買おうと思うはず。 今買いたいけれど、仕事がまだあるし・・・と躊躇する方へは、閉店時間まで商品を預かってあげればいいのでは? 仕事の予定が急遽変更したときのために売場販売員さんへの直通電話番号を教えておいてあげて、その旨ご一報していただければOKとフォローするのです。決して百貨店の代表電話番号へかけさせるようなことはしないこと。 電話をまわされる時間もちょっとおっかないですから。宣伝媒体の紙袋もあの体裁は男性にはちょっと恥ずかしいかも・・・ヨドバシカメラさんのような黒っぽい袋の方が抵抗がないでしょう。このようにして「百貨店がとても便利なお買い物空間」であることを体験していただき、こだわりの魅力的なアイテムもあることを知らせていけば、いいのではないかなと思います。
 

精道町の郵便ポスト



精道町の郵便ポスト。丸い旧式の郵便ポストが残っている道には、残るだけの理由があるのだろうとずっと考えていたのですが、ポストがある道は、昔むかしからのメイン道路なのだと気がつきました。ポストが立っている南北の道路は、阪神電車や阪急電車の線路の下を高架の状態で通っているのです。人々が移動するのに大切な道路、車以前は何が走っていたんだろう・・・
プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示