最新記事
カテゴリ
アーカイブ

2018年 07月 【1件】
2018年 05月 【5件】
2018年 04月 【2件】
2018年 03月 【2件】
2018年 02月 【1件】
2018年 01月 【4件】
2017年 12月 【3件】
2017年 11月 【5件】
2017年 10月 【4件】
2017年 09月 【4件】
2017年 08月 【5件】
2017年 07月 【6件】
2017年 06月 【4件】
2017年 05月 【5件】
2017年 04月 【4件】
2017年 03月 【8件】
2017年 02月 【9件】
2017年 01月 【6件】
2016年 12月 【12件】
2016年 11月 【14件】
2016年 10月 【8件】
2016年 06月 【1件】
2016年 05月 【16件】
2016年 04月 【1件】
2016年 03月 【8件】
2016年 02月 【20件】
2016年 01月 【25件】
2015年 12月 【16件】
2015年 11月 【12件】
2015年 10月 【15件】
2015年 09月 【9件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【9件】
2015年 06月 【10件】
2015年 05月 【11件】
2015年 04月 【15件】
2015年 03月 【16件】
2015年 02月 【14件】
2015年 01月 【15件】
2014年 12月 【10件】
2014年 11月 【10件】
2014年 10月 【9件】
2014年 09月 【5件】
2014年 08月 【4件】
2014年 07月 【8件】
2014年 06月 【15件】
2014年 05月 【9件】
2014年 04月 【7件】
2014年 03月 【9件】
2014年 02月 【8件】
2014年 01月 【5件】
2013年 12月 【7件】
2013年 11月 【12件】
2013年 10月 【8件】
2013年 09月 【12件】
2013年 08月 【15件】
2013年 07月 【28件】
2013年 06月 【16件】
2013年 05月 【6件】
2013年 04月 【1件】
2013年 03月 【9件】
2013年 02月 【8件】
2013年 01月 【8件】
2012年 12月 【12件】
2012年 11月 【15件】
2012年 10月 【12件】
2012年 09月 【14件】
2012年 08月 【15件】
2012年 07月 【16件】
2012年 06月 【13件】
2012年 05月 【14件】
2012年 04月 【13件】
2012年 03月 【9件】
2012年 02月 【10件】
2012年 01月 【12件】
2011年 12月 【12件】
2011年 11月 【9件】
2011年 10月 【9件】
2011年 09月 【11件】
2011年 08月 【14件】
2011年 07月 【13件】
2011年 06月 【15件】
2011年 05月 【12件】
2011年 04月 【8件】
2011年 03月 【18件】
2011年 02月 【16件】
2011年 01月 【9件】
2010年 12月 【25件】
2010年 11月 【16件】
2010年 10月 【14件】
2010年 09月 【13件】
2010年 08月 【25件】
2010年 07月 【17件】
2010年 06月 【7件】
2010年 05月 【8件】
2010年 04月 【9件】
2010年 03月 【10件】
2010年 02月 【6件】
2010年 01月 【11件】
2009年 12月 【11件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【12件】
2009年 09月 【12件】
2009年 08月 【12件】
2009年 07月 【7件】
2009年 06月 【11件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【9件】
2009年 03月 【16件】
2009年 02月 【10件】
2009年 01月 【16件】
2008年 12月 【7件】
2008年 11月 【10件】
2008年 10月 【16件】
2008年 09月 【8件】
2008年 08月 【14件】
2008年 07月 【12件】
2008年 06月 【6件】
2008年 05月 【4件】
2008年 04月 【8件】
2008年 03月 【8件】
2008年 02月 【4件】
2008年 01月 【10件】
2007年 12月 【5件】
2007年 11月 【6件】
2007年 10月 【23件】
2007年 09月 【13件】
2007年 08月 【20件】
2007年 07月 【25件】
2007年 06月 【9件】
2007年 05月 【16件】
2007年 04月 【7件】
2007年 03月 【9件】
2007年 02月 【6件】
2007年 01月 【6件】
2006年 12月 【11件】
2006年 11月 【20件】

アルバム
コメント どうもありがとう

深紅のガーネット

その頃、私は、赤い色をした石が欲しくて、
サロンでルビーとガーネットの指輪を見せてもらった。

どちらの石もそれなりの強い輝きと、
地球の歴史をぐっと圧縮した深い色をして、見入ってしまいました。

お上品で高貴な感じ、女王様のような気高いルビー、
反対に、個性的でありながらも、こころやさしい女性のような雰囲気のガーネット。
ふたつを比べて、
私は、ガーネットを選んだ。

どちらも手に入れたい人物像だけど
40歳過ぎたときに、私がどうなのか?
その願いを託せそうなのがガーネットだった。

それは・・・  見るたびに味わいがあるから。
こうゆう女性になりたいですわ。

ガーネットの静かな魅力には、もう参ってしまって、
太陽の光をうけて、ピカッと強く光るときもあれば
どんよりくすんだ光を発するときもある。
自分に光が当たるのを待ってるかのようで、
我慢つよいのだね。

そうゆうところに惹かれたのです。

深く赤い色をしているけれど、
ルビーの色とはちょっと違う。
そして、ガーネットの指輪をつけている女性は、
なかなか出会わないのですね。

選んでよかったわ。







テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ: パワーストーン

カイヤナイト 

カイヤナイト  明日へのリセット

ふらりと立ち寄ったお店で、買ってしまった~ のが、藍色をしたカイヤナイト。

その時季、
毎日の仕事に追われていて、息苦しさを感じていました。

仕事に熱中できるのはいいのだけど、
その気持ちを、家に帰ってきても切り替えることができなくて、
夕食するにも、落ち着かない。
気持ちが落ち着かないと、消化不良を起こしそうな感じで、
どうしたものかと、悩んでいました。

お店に行って、こんなことがあってあんなことがあってと、
販売員さんに聞いてもらっていたら、
すーっと、このカイヤナイトを教えてくれたのです。
       
      悪い習慣を断ち切ることができる石ですよ

熱中しすぎるのは、悪い習慣なのかな? 今のわたしにはそう言えるかも?

勧められるまま、カイヤナイトのペンダントを付けて鏡の前に立ってみました。

そこには、今まで見たことのない表情をした自分が立っていました!

瞳に光が戻っていて、でも自信なさそうでいて、
頭の先からつま先まで、一本の紐が通ったようにすっと立ち上がっていました。
まるで、知らない自分に出会ったことを、こころのずっと奥の方で感じている様子でした。
藍色のアクセサリーをつけたことがなかったので、
それも新鮮に思えたのかも知れないです。

お店に入ってこられたときの表情と今と違うし、
明るい表情に変わったようにおもうと、販売員さんにも言われて、嬉しく思って、その場で購入しました。

しばらく、カイヤナイトをつけて、
仕事に行きました。

変化に気が付いたのは、
就業時間が過ぎると、
仕事のことは、ぴちりと心から出すことができるようになったことです。
宿題が残っていても、とりあえず、明日に考えようと、
譲ることができるようになりました。

おかしいですね。

明日に考えよう~ という、たったこれだけのことが、
思い浮かばなかったのですから。

仕事のことだけでなく、
他の困りごと、悩み事にも、譲る気持ちを持ちたいとき、
今でもカイヤナイトをつけるようにしています。



テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ: 効果 天然石 パワーストーン

私と天然石  アレキサンドライト  私を包んでくれる石

私と天然石  アレキサンドライト  私を包んでくれる石

私の旅は、この石から始まっていると思う。
だって、一番最初に購入した石だもの。

アレキサンドライトは、暗緑色をしていて、地味目な石。
でも太陽の光をあてると、石の底に赤い色が湧いて見えてきます。

晴れた日の朝に、窓の外の光を石に当てて、
赤い色が見えてくるのを見つけると、
この石も生きているのだと、思うほど、
自分にもエネルギーが満ちてくるのを感じます。

天然石を身に着けるときは、願いをこめて着けますが、
   ☆☆でありますように~  とか

でも、この石だけは、なあにも考えないで、素のままで着けることができます。
石を選ぶのに迷ったら、アレキサンドライトをつけているくらい自然体。

この気持ちに気がついたとき、
「わたしが・この石を持っているんだ!」 と思いましたが、
時間が経つにつれ、それは逆のことなのだと思うようになりました。

「石が・わたしを包んでくれている。」あるいは、「石が・わたしを飲み込んでくれている?」

石のほうが、大きな気持ちで、私を迎えてくれているのです! 

わたしは、変わっていると人に言われることが多くて、魚座であることを自信を持って自覚しますが、
血液型診断~ でも、やっぱりそう! 

良い意味では個性的、独自性があるとか、いうのでしょうが、
その気持ちを維持するのは、なかなかしんどいものです。

アレキサンドライトをつけるようになって、
大きな時間の流れのなかで、見守ってくれているような気がしてきて、
個性的であろうと、周囲と違った反応をしていようと、
それが私なのであって気にすることではないのだと、
踏みとどまれるようになりました。
むしろ、違うからおもしろい! そう・おもえるようにもなりました。

我が道を行きなさいよ。

そんなことを、知らせてくれます。

















テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ: 天然石 効果 パワーストーン

私と天然石  ダイヤモンド  輝きたいときに身に着ける勝負の石

私と天然石  ダイヤモンド 輝きたいときに身に着ける勝負の石

これだと心に決めるような運命のダイヤモンドは、
何度もあることではないので、
慎重になりましたよ。

お店で見たときは、ルース(裸の石)の状態で、
石って、ルースの状態で見ると、
そのものが見えるというか、飾らない素のままの姿が見えて
ドキッとした。
何も飾っていないのに、堂々とした貫禄がありましたわ
ケースに入っている石から離れて歩いていても、
どこかから私のことを見られているような?
後ろ髪引かれるというのでしょうか、
そんな吸引力がある、さすがダイヤモンドだとおもいました。

しかも、自分の好きなデザインに加工してもらえ、
デザイナーさんが私のためにデザイン画を描いてくださる! 
ほろっして、これに決めた~
そのデザイン画は、今でも大切に保管していますよ。

このダイヤモンドの中には、鉛筆で線を引いたような内包物があり
一般的には、ランクが下がる? かもしれないですが、
もう名前がついている、忘れられないその表情があって、
これがあるからこそ、
世界にひとつ~ だと、おもいました。
傷のつき方は、真似できないことだし。
雑誌に掲載されるような 4Cが揃った無色透明でキラキラなダイヤモンドより、
個性的で? いいではないの!

そんなこんなで、購入することにしましたが、
私が所有している宝石たちは、
ほとんどが、ロイヤル佐野さんのものです。
ロイヤル佐野さんの宝石は、
エネルギーは強烈でストレート、
気合いれて触れないと、やけど しそおな勢いっ。
ちょっと大げさかな・・・(笑
でも、それくらいきちんとした宝石なのです。

手元にやってきたころ、私は講師業をしていたので
よく身に着けて仕事に行きました。
そこでは、必ず、難問が待ち受けていて、
たとえば、生徒さんから質問を受けて、その場で回答できないような難しい内容だったり、
講義の時間が永遠に続くような気持ちに陥ったり、
ホワイトボードのマーカーがインク切れしていて使えなかったり、
パソコンがなかった時代なので、参考図書を何冊か持参したこともありました。

なんて、しんどい仕事なのだろうと、思いました。
でも、終わったあとに、生徒さんたちから、
面白い内容の講義だった等、メッセージを送ってもらうと
やりがいも感じて、自分の立ち位置が見えて充実した時間でした。

人前に立たせてもらうからには、輝きたい。
そんな願いを託してダイヤモンド。
年齢とともに、こころの持ちようも変化してきて、
外見だけでなく、こころの中にも、
ダイヤモンドの輝きを、置くようにしたいと思うようになりました。

今は、仕事の場にはつけて出ることはしなくなり、
どちらかというと、プライベートな時間を楽しみたいときに、
ひとりの時間を充実したいときに、気軽な気持ちでつけて行きます。


テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ: 効果 天然石 パワーストーン

幸運を呼ぶ馬蹄形のペンダントにやっと出会えて

馬蹄形のアイテムが好きです。

U字型で幸運を受け止めると、ヨーロッパでは幸運のお守りとして知られているようです。

2014年は馬どしでもあるので、
年頭から馬蹄形のペンダントを探していたのですが、
10月中旬、やっと出会うことができました。

あちこち探して、10ケ月目でやっとです。

それも、これまでよく立ち寄っていたお店にあったのですから、
灯台元暗し・・・ 探していたものは実は傍にあったのですね。


テーマ: パワーストーン
ジャンル: 心と身体

タグ:  効果 パワーストーン

プロフィール

ながいゆみこ

Author:ながいゆみこ
芦屋に戻って深呼吸。
これまでと変わらない、芦屋の風景と人との出会いが嬉しくて、また町を歩いてみたくなります。


インスタグラムでも随時更新中。   yumikon86で検索。
タンブラーでも情報発信中。http://ashiyaojyo.tumblr.com/

リンク
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
芦屋の天気と世界の天気
Weather by Freemeteo.com
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

RSSリンクの表示